« 基本手当の日額 | トップページ | 全額払いの原則 »

退職時改定

厚年16-4
 特別支給の老齢厚生年金の受給権者である被保険者が、被保険
者の資格を喪失したまま1月を経過したときは、喪失した日まで
のすべての被保険者期間を年金額の計算の基礎として計算し、当
該1月を経過した日の属する月から年金額が改定される。

■■解説■■

 「退職改定」とか「退職時改定」とか言われます(言葉はどちら
でも構いません)。

 どんな時に、これがなされるのかをまず押さえておいてください。

 例えば、ずーっとサラリーマンをやってきた人が60歳を迎えた
とします。

 この人が60歳で老齢厚生年金の受給権を取得したとすると、
この老齢厚生年金の年金額の基礎となる加入記録は、この人の
60歳までの加入記録です。

 つまり、60歳になるまでの加入記録に基づいて年金額が計算
されるわけです。

-----------------------------

 しかし、この人は60歳になっても会社を辞めずに働き続けましたbuilding

 この人は現在も厚生年金の被保険者なのですから、毎月毎月厚生年
金の加入記録が書き替わっていきます(加入月数が増えていく)。

 とすると、本来ならば、現在もらっている老齢厚生年金の年金額の
基礎となる加入記録が書き替わっていく(加入月数が増えていく)わ
けですから、毎月毎月もらっている年金額が少しずつ増えていかなけ
ればならないはずです。

 ですが、毎月毎月年金額を変えていくというのは大変手間がかかる
ことなのでそんなことはせず、ある時点でいっぺんにまとめて加入記
録の書き替えをすることにしています。

 これが退職時改定ですhappy01
 
-----------------------------

 具体的に、いつ加入記録の書き替えをするかというと、

1、この人が会社を辞めて(被保険者の資格を喪失し)、

2、そのまま再度被保険者となることなく1か月を経過したとき

 です。

 ここで、60歳からその時点までの厚生年金の加入記録を織り込ん
で新たに年金額を計算し直すことになります。

 そして書き替えをした新たな加入記録に基づいて、1か月を経過し
た日の属する月から年金額が改定されることになります。

-----------------------------

過去問では、こんな問題も出題されています。

14-5
 被保険者である受給権者が被保険者の資格を喪失し、そのまま3
月を経過したときは、喪失した月までの全ての被保険者期間を年金
額の計算の基礎として計算し、3月を経過した日の属する月から年
金額を改定される。

この問題の答え>× 3月ではなく「1月」ですね。

-----------------------------

本問の答え>○

« 基本手当の日額 | トップページ | 全額払いの原則 »

コメント

やまねこさん

どうもありがとうございました。スッキリしました!
また、どうぞよろしくお願い致します!
ブログの更新楽しみにしています。

 ひろりんさん

 そういうことです。

 ただし、65歳以降は「被保険者期間を失った時」ではなく、正確に言えば「被保険者資格を失えば1月後に改訂」です。

お忙しいところ、ご説明ありがとうございます。
繰り上げ支給の老齢厚生年金の受給権者は65歳になる前に被保険者期間を有した場合は65歳になる前に被保険者資格を失えば1月後に改訂、被保険者のまま65歳になると65歳の時点で翌月より改訂、65歳以降の被保険者期間は被保険者期間を失った時に改訂、という考え方でよろしかったのでしょうか?

 ひろりんさん

 お返事が遅れまして申し訳ありません。

 例えば、この人が60歳まで老齢厚生年金を繰上げしたとします。

 この人が60歳以後も被保険者期間がある(つまり厚生年金に加入して働いている)とすると、この人は「退職しなくても」65歳の時点で年金額の改定(60歳から65歳までの被保険者期間を年金額に織り込む)をするという意味です。

 本来年金額の改定は、退職して1か月後(いわゆる退職改定)の時にしか行われないはずですが、この人は例外的にずっと働き続けていても65歳で一旦年金額の改定をするという例外を規定しているということです。

 

退職時改定と繰り上げ支給の老齢厚生年金の改訂時期について解らないので教えていただけたら幸いです。

繰り上げ支給の老齢厚生年金の受給権者(坑内員又は船員であった期間を有しない36年4月2日以降生まれの男子)であって、支給繰り上げの請求があった日以降被保険者期間を有する者が65歳に達した時は65歳に達した日の属する月の翌月から年金額を改訂する。

と有るのですが、違いがわかりません。
よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/40257576

この記事へのトラックバック一覧です: 退職時改定:

« 基本手当の日額 | トップページ | 全額払いの原則 »