« 給付基礎日額 | トップページ | 適用除外(雇用) »

被保険者の資格(国年)

国年17-1
 60歳未満で被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることが
できる者は、被扶養配偶者であっても、第3号被保険者とならない。

■■解説■■

 強制被保険者(いわゆる1号、2号、3号)の要件の問題です。

 単純なところですが、ちょこちょこ出題されますし、いつ出題が
あっても文句は言えないところですので、しっかりまとめておきま
しょう。

-----------------------------

 それぞれ最低限押さえておくべきポイントを見ていくと、

1、第1号被保険者(自営業者など)

  20歳以上60歳未満 あり

  国内居住要件 あり(日本国内に住所がないとダメ)

2、第2号被保険者(サラリーマン)

  20歳以上60歳未満 なし

  国内居住要件 なし(日本国内に住所がなくてもOK)

  65歳以上で老齢又は退職年金の受給権あると適用除外

3、第3号被保険者(2号の被扶養配偶者)

  20歳以上60歳未満 あり

  国内居住要件 なし
 

4、すべてに共通 

  国籍要件 なし(外国人であっても関係ない)

-----------------------------

 この辺りを押さえておくだけでも、過去問は結構解けます。

国年15-1(類題14-4)
 第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者ともに国籍
要件を問わない。

この問題の答え>○

国年15-1
 第2号被保険者及び第3号被保険者は、住所が外国であっても
被保険者となる。

この問題の答え>○

国年17-8
 被用者年金各法の被保険者、組合員又は加入者は、すべて国民
年金の第2号被保険者となる。

この問題の答え>× 65歳以上で老齢退職年金の受給権があると
               2号にはならない(適用除外)

 これら以外にも、ここはたくさん過去問ありますので、見ておい
てください。

-----------------------------

 20歳以上60歳未満の被扶養配偶者は、被用者年金各法に基づ
く老齢給付等を受けることができても、第3号被保険者になる。

本問の答え>×

« 給付基礎日額 | トップページ | 適用除外(雇用) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/17868274

この記事へのトラックバック一覧です: 被保険者の資格(国年):

« 給付基礎日額 | トップページ | 適用除外(雇用) »