« 合格発表! | トップページ | 小規模法人代表者の特例 »

雇用保険事業

雇用14-1補正済
 雇用保険では、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の
継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行う失業等給付
のほか、失業の有無を問わず労働者の自発的な教育訓練の受講を支
援する教育訓練給付と、雇用安定及び能力開発のいわゆる二事業を
行っている。

■■解説■■

 前回、合格体験記のお願いをしたところ、既に何人かの合格者
の方からOKの返事を頂いています。ありがとうございます。

 まだまだ合格体験記を書いて頂ける方を募集していますので、
「書いてもいいよ」と言う方は、この記事のコメント欄に書き込
んでくださいませ。

 ちなみに、合格体験記を書いてくださった方には、ささやか
ながらお礼を差し上げています(本当にささやかですので、あま
り過度の期待はしないでください(笑))。

 なお、書いて頂いた合格体験記は、このブログに掲載するため
だけに使用いたします。ご本人の承諾なしに、その他の用途に使
うことは一切ありませんので、安心してご応募ください。

-----------------------------

 この過去問解説の科目が毎回毎回変わっていくのには、理由が
あります。

 社労士試験はとても範囲が広い試験です。当然のことながら、
本試験日には全科目に対応できていなければなりません。

 普段勉強をしていると、いまメインでやっている科目のことは
覚えているけれど、次の科目へ移ると前の科目でやっていたこと
は忘れてしまう、ということが多いと思います。

 そこでこの過去問解説は、毎回毎回科目が変わっていきます。
そうすると、例えばメインで健保をやっている時に労基の問題を
見ると労基のことも少しは思い出しますし、頭の中が活性化され
るかなと。

 そんな理由から毎回毎回科目を変えていきます。

-----------------------------

 このブログを読んでいる方で、今年から勉強を始めた方は、まだ
労基の初めくらいしかみたことないような状態かもしれません。

 まだ勉強していないところは、あまり気にしないでください。
おいおい進んでいけばわかってきます。

 自分が既に勉強したところが出てきた時に、しっかり見てみて
ください。

 再受験の方は、もう最初からバリバリと活用していってください。

-----------------------------

 さて、解説です。

 雇用保険では、この手の問題がよく出題されます。

 雇用保険全体の体系がわかっていないと、この手の問題は正確に
答えられません。

 そこで雇用保険を勉強するときは、みなさんのテキストに載って
いる「雇用保険体系図」をコピーして、常にそれを横において復習
していってください。

 そうすると段々と体系図を見なくても、全体が頭に入ってきます。 

 本問で説明すると、

 失業等給付‥‥求職者給付
      ‥‥就職促進給付
      ‥‥教育訓練給付
      ‥‥雇用継続給付

 ということで、教育訓練給付は「失業等給付のほか」にあるわけで
はなく、失業等給付の1つが教育訓練給付ということがわかります。

-----------------------------

 それとこの問題は法改正補正済ですが、問題文の末尾も見ておい
てください。

 雇用三事業ではなく、今年から、雇用二事業です。

-----------------------------

本問の答え>× 教育訓練給付は失業等給付の一部です。
 

« 合格発表! | トップページ | 小規模法人代表者の特例 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/17049972

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用保険事業:

« 合格発表! | トップページ | 小規模法人代表者の特例 »