« 時間外労働等規制の適用除外 | トップページ | 二次健康診断等給付 »

時効(健保)

健保14-8

 被保険者等の保険給付を受ける権利は、2年を経過したときは、
時効によって消滅するが、高額療養費の消滅時効の起算日は、診
療日の翌月の1日である。ただし、診療費の自己負担分を診療月
の翌月以後に支払ったときは、支払った日の翌日とする。

■■解説■■

 時効の問題です。

 時効は、もう単純に暗記するだけです。身もふたもありませんが。

 ひねった問題や考える問題を時効では作ることが基本的にできま
せんので、とにかく「知っていれば簡単に解けるし、知らなければ
解けない」のが時効の問題です。

 過去問で出題されているものについては、本試験直前には確実に
総復習しておきましょう(今の段階で懸命に暗記しても、おそらく
本試験日までには忘れてしまいますので、直前にしっかり詰め込め
ることができれば、それでOKです)。

-----------------------------

 時効の中でも少し手こずるのが、労災と健保です。

 ~年という年数の他に、起算日が出てくるからです。

 本問のように、起算日も訊かれてきますから、確実に押さえて
おきましょう(健保では、平成12年に選択でも起算日を空欄に
するような問題が出題されています)。

-----------------------------

本問の答え>○

« 時間外労働等規制の適用除外 | トップページ | 二次健康診断等給付 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/15743141

この記事へのトラックバック一覧です: 時効(健保):

« 時間外労働等規制の適用除外 | トップページ | 二次健康診断等給付 »