« 解雇予告 | トップページ | 療養補償給付 »

被扶養者

健保13-10

 被保険者と同一の世帯に属し、65歳である配偶者の父の年収が
160万円である場合、被扶養者とは認められない。
 

■■解説■■

 被扶養者の問題のメインは、被扶養者の範囲です。

1、主として生計維持だけで被扶養者になれる者
 
  被保険者の直系尊属・配偶者・子・孫・弟妹(チョク・ハイ・
  シ・ソン・テイマイ)

2、更に同一世帯の要件があって初めて被扶養者になれる者

  上記以外の3親等内の親族

  事実婚の配偶者(死亡後も含む)の父母及び子

-----------------------------

 もう一つ出題されるのが、本問の「生計維持の認定基準」です。

 その中でも、最もよく訊かれるのはココです。

 年収130万円未満 かつ 被保険者の年収の2分の1未満

 これはしっかりとおさえましょう。特に「年収130万円」。
この数字は必ず暗記してください。

 ちなみに、試験では訊かれませんが、この年収には、年金に
よる収入や失業給付(基本手当等)も含まれます。 

-----------------------------

 本問はここから一歩進んで、被扶養者になろうとする者が60歳
以上の者又は一定の障害者である場合、年収要件が130万円から
180万円に緩和されるということを訊いています。

 類題としてこんな問題も出題されています。

14-9
 収入がある者の被扶養者の認定基準は、原則として、認定対象者
の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上の者又は障
害者である場合にあっては150万円未満)であって、かつ、被保
険者の年間収入の2分の1未満であることとされている。

この問題の答え>× 150万円ではなく180万円です。

 つまり、年金生活をしている親をサラリーマンの息子が自分の扶
養に入れようとするときは、親が年金を年額180万円以上もらっ
ているとダメだということです。

 これに対して、パートに出ている奥さんをサラリーマンの旦那が
自分の扶養に入れようとするときは、奥さんが年130万円以上稼
いでいるとダメです。

-----------------------------

 本問では、65歳の配偶者の父ですから、同一世帯に属していれ
ば年収160万円あっても、被保険者の年収の2分の1未満であれ
ば、被扶養者とすることできます。

本問の答え>×

* 健保4、5回目の択一過去問は、この下をクリック!

「kenpo4-5.PDF」をダウンロード

« 解雇予告 | トップページ | 療養補償給付 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/14081670

この記事へのトラックバック一覧です: 被扶養者:

« 解雇予告 | トップページ | 療養補償給付 »