« 来年にむけて | トップページ | 試験センターのHP »

社労士の勉強を始めましょう

 今年から勉強を始める方、また初心に帰って再び来年に向けて勉強を
スタートしようという方、のために、小冊子「社労士の勉強を始めまし
ょう」
を作りました。

 基本的に、いつも授業の中で言っていることと同じ内容をまとめただ
けなのですが、今年の択一試験でも過去問をしっかりと押さえておくこ
とだけで基礎点30点は確実に確保できたわけですから、過去問学習の
重要性については、疑問の余地はありません。

 「過去問だけで合格できる」とは言いませんが、「過去問をおろそか
にしていて合格はできない」
ということは確かです。

------------------------------ 

 さて、PDFファイルでこのブログに載せてみたのですが、果たして
みなさんのパソコンでちゃんとダウンロードしてきちんと読めるのかが、
正直わかりません。ごめんなさい。

 どなたかダウンロードしてみた方、「うまくいった」とか「○○が
うまくいかなかった」など感想をコメント欄に書き込んでいただけますか?。
匿名で結構ですので、よろしくお願いいたします。

 ダウンロードはこちらから。

「benkyou.PDF」をダウンロード

« 来年にむけて | トップページ | 試験センターのHP »

コメント

T田さん

 ありがとうございました。うまくいっているみたいですね。
よかったです。

磯井先生
ご無沙汰しております。
PDFファイル、問題なく見れました。
家のプリンタが調子悪いので、
明日、職場でプリントアウトして
今後の参考にさせていただきます。

受講生Mさん

 コメントありがとうございます。

 さて、小売業の件ですが、恥ずかしながら、私もどうして
「文房具の販売」が、「小売業(1,000分の5)」に該
当しないという答えになっているのかよくわかりません。そ
の問題集では、「その他の各種事業(1,000分の4.5)
になっているということでしょうか?。

 「労災保険適用事業細目の解説」という実務で使う書籍が
あるのですが、そこにも「卸売業・小売業」に「この分類に
は、各種物品を他から受け入れて販売を行う事業が該当する」
とあります。

 どうしてその問題が「小売業」でないという答えになってい
るのか、これを読んでいる方でわかる方がいたら教えてくださ
い。

 あてにならない答えで申し訳ないです。

 

磯井先生
こんにちは
「社労士の勉強を始めましょう」ダウンロードの件、まったく支障ありません。
 質問させていただきたいのですが、市販の予想模試の徴収法の問題なのですが、労災保険率の改正の部分で、5/1000か4.5/1000問う問題で、事業の種類「文房具の販売」とあり、自分のイメージでは小売業→5/1000なんですが、正解4.5/1000
とあり、小売業の全体像がわかりません。小売業の明確な範囲は決められているのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/12011812

この記事へのトラックバック一覧です: 社労士の勉強を始めましょう:

« 来年にむけて | トップページ | 試験センターのHP »