« 労働一般 | トップページ | とうとうここまで来ました »

社会一般

 市町村は、基本指針に即して3年ごとに、5年を1期とする当該
市町村介護保険事業計画を定めるものとされている。

■■解説■■

 あと1週間ですね。

 そろそろこの時期になると試験勉強の内容が夢にでてきたり、食
事をしていても勉強内容が急に気になってテキストを取りに行って
みたり、ある意味軽いノイローゼみたいになってきます。

 合格が近い証拠です。手綱を緩めることなく、最後まで走りぬき
ましょう。

---------------------------

 今年の社会一般は、改正が多すぎて「あら、どうしましょう?」
という感じですね。

 特に、介護保険は、改正がありすぎて大変です。

 介護保険法の改正について、本問の他にいくつかポイントをあげると
すると、

 ・目的条文等の改正(選択式要注意)

 ・要支援状態に、要支援1、2ができた

 ・介護支援専門員に対する規制の強化

 ・食費、居住費等が、原則として保険給付の対象外となった。

 ・公費負担割合の見直し

 ・保険料が、所得別に6段階にされた。

 ・特別徴収(年金からの天引き)が、障害又は死亡を支給事由とする
  年金からも可能になった。

 最低限、これくらいは押さえていった方が良いと思います。

---------------------------

 社会一般の他の科目では、

 ・児童手当の支給対象年齢の引上げ

 ・児童手当の公費負担割合の見直し

 ・社労士法の労働争議不介入規定の削除

 といった辺りでしょうか。

--------------------------

 ただし、問題は改正点「だけ」から作られるわけではありません。

 それ以外の、改正ではない基本事項からも当然出題されるわけです
からそちらでの取りこぼしもないようにしましょう。

--------------------------

 「3年ごとに、5年を1期」ではなく、「3年を1期」として定める
ものとされています。

本問の答え>×

« 労働一般 | トップページ | とうとうここまで来ました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/11518864

この記事へのトラックバック一覧です: 社会一般:

« 労働一般 | トップページ | とうとうここまで来ました »