« 保険料の納付義務 | トップページ | 遺族厚生年金の額 »

教育訓練給付金

雇用16-6

 支給要件期間が4年の者の場合、教育訓練給付金の上限
額は10万円である。

■■解説■■

 支給要件期間が3年以上5年未満ですから、問題文の通
り、○です。
 
--------------------------

 教育訓練給付については、色々な角度から出題されてい
ます。例えば、支給要件を聞く問題。

雇用13-6

 被保険者であった者が教育訓練給付金を受給する場合、
教育訓練の開始日は、一般被保険者資格を喪失した日から
180日以内でなければならない。

答え>× 原則として1年以内です

--------------------------

 更に、支給要件期間を聞く問題。

雇用16-6

 過去に教育訓練給付金を受給したことがある者は、過去
の受講終了日以降の支給要件期間が3年以上にならなけれ
ば、新たに教育訓練給付金を受給する資格を有しない。

答え>× 一見○の問題ですが、受講終了日ではなく、受
     講開始日です。

--------------------------

 そして、支給額について聞く問題(本問もこの1つです)。

 支給申請手続を聞く問題。

雇用11-4

 教育訓練給付金の支給を受けようとする者は、指定された
教育訓練の受講を開始後、速やかに、教育訓練受講届を管轄
公共職業安定所長に提出しなければならない。

答え>× こんな規定は存在しない、という意地悪な問題です。 

--------------------------

 基本テキストに載っている事項は、隅々まで見ておく必要が
ある分野と言えるでしょう。

本問の答え>○

« 保険料の納付義務 | トップページ | 遺族厚生年金の額 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/10525316

この記事へのトラックバック一覧です: 教育訓練給付金:

« 保険料の納付義務 | トップページ | 遺族厚生年金の額 »