« 職業安定法 | トップページ | 高年齢者等雇用安定法 »

介護保険法

社一16-6

 介護保険の被保険者は、第1号被保険者(市町村の区域
内に住所を有する65歳以上の人)及び第2号被保険者
(市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の
医療保険加入者)の2種類に区分される。

■■解説■■

 今年の社会一般は、介護保険法、児童手当法、社会保険
労務士法など、改正が目白押しです。

 介護保険法は昨年(平成17年)たくさん出題されまし
たので、今年はどうかな?とも思うのですが・・・。
 
--------------------------

 本問はそのとおり○です。同じような問題として、こん
な問題も出ています。

社一12-8
 被保険者は40歳以上で、65歳以上の第1号被保険者
と40歳以上65歳未満の医療保険加入者である第2号被
保険者とに区分されている。

答え>○ 

--------------------------

 年齢要件の他に、第2号被保険者は「医療保険加入者」
に限られている点も見ておいてください。

 医療保険に加入していない、例えば生活保護受給者など
は、介護保険の被保険者にならないということです。

--------------------------

 ついでに、こんな問題も。

社一15-8
 介護保険の保険料は40歳以上の者から徴収されるが、
給付は65歳以上の者のみを対象としている。

答え>× 

 40歳以上65歳未満の者であっても、要介護状態の
原因である身体上又は精神上の障害が、加齢に伴って生
ずる心身の変化に起因する疾病であって政令で定めるも
の(特定疾病)によって生じたものである場合は、給付
が行われます。

 「特定疾病」の具体例としては、初老期認知症や脳血
管疾患などが挙げられます。

* 細かい法改正ですが、今年から「特定疾病」に「末
 期がん」が加えられました。
  ちょっとだけ頭に入れておいてもいいかと思います。

--------------------------

本問の答え>○

« 職業安定法 | トップページ | 高年齢者等雇用安定法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/10720708

この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険法:

« 職業安定法 | トップページ | 高年齢者等雇用安定法 »