« 遺族厚生年金の額 | トップページ | 職業安定法 »

就業規則の作成及び届出

労基16-7

 使用者は、労働基準法第89条に規定する事項について
就業規則を作成しなければならず、また、常時10人以上
の労働者を使用する場合には、それを作成し、又は変更し
たときは、行政官庁に届け出なければならない。

■■解説■■

 さっと読むと正しそう。でもよく読むと(・・?という
問題です。
 
--------------------------

 落ち着いて読んでみましょう。

1、使用者は・・・就業規則の作成義務あり

2、常時10人以上は・・・作成変更時に届出義務あり
 
--------------------------

 2は、そのとおりです。でも、1が間違っています。

 就業規則の作成義務があるのも「常時10人以上の労働
者を使用する使用者」だけです。

 問題文の言い方だと、全ての使用者に就業規則作成義務
があることになってしまいます。

--------------------------

 自宅で落ち着いて解けば簡単に正解できる問題でも、本
試験会場では緊張してうっかり読み間違えてしまうことが
あります。

 後から自己採点すると「あれ?。なんでこんなの選んだ
んだろう?」って、自分で自分がわからなくなります。

 気をつけましょう。

本問の答え>×

« 遺族厚生年金の額 | トップページ | 職業安定法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/10618833

この記事へのトラックバック一覧です: 就業規則の作成及び届出:

« 遺族厚生年金の額 | トップページ | 職業安定法 »