« お久しぶりです | トップページ | 家族給付 »

36協定の当事者

労基13-5

 労働者の過半数で組織する労働組合がない事業場において
36協定を締結する場合、労働者側の締結当事者たる「労働
者の過半数を代表する者」の「労働者」の範囲には、そもそ
も労働時間の規定の適用がない労働基準法第41条第2号に
該当する監督又は管理の地位にある者は含まれない。

■■解説■■

 ここを整理しておきましょう。

 1、過半数代表者(選ばれる人)の範囲

 2、労働者(選ぶ人)の範囲

 は、違います。

--------------------------

 例えば、みんなで投票をして1人の代表者(Aさん)を選ぶ
としましょう。

 ここでいう「みんな」が、上の2です。

 この「みんな」の中に、いわゆる管理監督者が含まれますか?
ということを聞いているのが、本問です。

 結論としては、含まれます。つまり管理監督者も代表者を選ぶ
ための投票はできるということです。

 ちなみに、この「みんな」の中には休職期間中の者等も含まれ
ます。

---------------------------

 これに対して、代表者(Aさん)が上の1です。

 この代表者が、管理監督者であってもよいですか?というと、
これはダメです。

---------------------------

 [結論] 管理監督者は、投票はできるけど、代表者になることは
     できない。

本問の答え>×

« お久しぶりです | トップページ | 家族給付 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/10008163

この記事へのトラックバック一覧です: 36協定の当事者:

« お久しぶりです | トップページ | 家族給付 »