« 傷病手当(雇用保険) | トップページ | お久しぶりです »

雇用保険との併給調整

厚年16-4

 特別支給の老齢厚生年金の受給権を取得した者の標準報酬月
額が、60歳到達時の賃金額(みなし賃金月額)の61%未満
である場合には、標準報酬月額の6%相当額の年金額が支給停
止され、75%以上又は高年齢雇用継続給付の支給限度額を超
えるときは、支給限度額から標準報酬月額を控除して得た額に
15分の6を乗じて得た額を支給停止する。

■■解説■■

 まもなくゴールデンウィークです。

 本試験日まででまとまった休みが取れるのはこれが最後にな
ると思いますので、特に働きながら受験される方はこの時間を
有効に活用してください。

 しかし「とにかくやるぞ~」では大抵何もできないまま連休
が終わりますので(笑)、課題を設定してそれを克服するよう
にするとよいと思います。

 例えば自分が年金が苦手であれば、この連休中に年金の過去
問をもう1回過去5年分やってみるとか、そういうこの期間中
にできそうな課題を設定して、それをやることを目標にすると。

 そうすると「自分はこれだけやったんだ」という、これから
勉強を続けていく自信にもつながると思います。

 色々と誘惑の多い連休ですが、こんなブルーな気持ちを抱え
た連休は今年1年だけにしませんか?。今年中途半端に遊んで
しまうと、来年も今みたいなブルーな気持ちで連休を迎えなく
てはならなくなりますよ。

 今年1年だけ我慢して、来年のゴールデンウィークは楽しく
過ごしましょう!。

--------------------------

 本問が対象としている部分は、厚生年金の中でも非常に難解
な部分です。

 「基本手当との調整」の部分はまだ少しはわかるけど、この
部分ははっきり言ってテキストを読んでも「はあ?」というと
ころだと思います。

 ただこの部分は、過去7年を振り返ってみても、3肢(間違
えないでください。3問ではなく3「肢」です)しか出題され
ていません。

1つが、この平成16年の問題。

それと、平成11年9番

 特別支給の老齢厚生年金の支給を受けている者が、雇用保険
法の規定による高年齢再就職給付金の支給を受けた場合には、
当該老齢厚生年金について、高年齢再就職給付金の額に相当する
額の支給を停止する。

答え>×

もう1つは、平成13年9番

 厚生年金保険の被保険者が雇用保険法による高年齢雇用継続
給付を受給している間、在職老齢年金の支給停止に加えて、
原則として標準報酬月額の2割に相当する額が支給停止される。

答え>×

が、出題されているだけです。

---------------------------

 内容を見て頂ければわかりますが、平成11、13年の問題は
単純に、減額率の数字「100分の6」がわかっていれば正誤が
判断できる問題です。

 つまりこの部分は、内容は確かに難しいのですが、問題として
本試験で出題されるときは、その難しい内容がよくわかってなく
ても解けるような問題しか出題されていないのです。

 ということは、この部分を何時間もかけてテキストを読んで全
部理解する必要性はそれほど高くないのかな、ということになり
ます。

 ここにかける時間が何時間もあるなら、ここ以外のよく聞かれ
る部分を完璧にした方が、試験対策という面では効率的だと言え
るでしょう。

---------------------------

 本問では、後半にある「75%以上・・・」の場合には、高
年齢雇用継続給付は支給されないことから、特別支給の老齢厚
生年金についても支給停止にはなりません。

本問の答え>×

* 来週は1週間ブログの更新をお休みいたします。

« 傷病手当(雇用保険) | トップページ | お久しぶりです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/9784010

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用保険との併給調整:

« 傷病手当(雇用保険) | トップページ | お久しぶりです »