« 一部負担金(労災) | トップページ | 所定給付日数 »

遺族基礎年金の遺族の範囲

国年14-3

 遺族基礎年金は、死亡した被保険者の配偶者で一定の子を有す
る者に支給される。

■■解説■■

 出題者がひっかけようとしているポイントがわかりますか?。

---------------------------

 そうです。「配偶者」という言葉です。

 「配偶者」といった場合、そこには「夫」と「妻」が含まれます。

 遺族基礎年金は、死亡した被保険者の「妻」で一定の子を有す
る者には支給されますが、「夫」には支給されません。

 従って、本問は×となります。

---------------------------

 落ち着いて考えるとなんてことないところなのですが、本試験
会場の緊張した状態ですと、意外とこんなところにコロッとひっ
かかってしまうことがあります。注意してください。

 科目は違いますが、労災の遺族補償年金の受給資格者のところ
も、配偶者のうち、

 「妻」については、年齢要件や障害要件が不要

 「夫」については、年齢要件か障害要件が必要

とされていますので、例えば

 「配偶者については、年齢要件が不要とされている」

と言うと×となります。

---------------------------

 まだ勉強が進んでいない方は、どんどん過去問を解いて、ひっ
かけ問題にどんどんひっかかって悔しい思いをしてください。

 そうやって、何回も転びながら体で覚えた知識は忘れませんから。

本問の答え>×

« 一部負担金(労災) | トップページ | 所定給付日数 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/9173278

この記事へのトラックバック一覧です: 遺族基礎年金の遺族の範囲:

« 一部負担金(労災) | トップページ | 所定給付日数 »