« 特定受給資格者 | トップページ | 一般保険料等 »

特別支給の老齢厚生年金

厚年15-8

 老齢基礎年金の資格期間を満たしている者で、資格期間のう
ち6か月が厚生年金保険の被保険者期間である者が60歳にな
ったときは、報酬比例相当の老齢厚生年金が支給される。

■■解説■■

 まず、前提のお話ですが、特別支給の老齢厚生年金と(65
歳からの)本来の老齢厚生年金は、

         まるっきり別個の年金

だということを頭に入れておいてください。

 テキストの図解などを見ていると、

特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分が、65歳になるとそ
のまま本来の老齢厚生年金にするっと移行し、

特別支給の老齢厚生年金の定額部分が、65歳になるとそのま
まするっと老齢基礎年金に移行する、

というイメージを持ってしまいがちですが、それは誤りです。

---------------------------

 特別支給の老齢厚生年金と、本来の老齢厚生年金はまるっき
り別個の年金です。

 その証拠に、特別支給の老齢厚生年金の失権事由を見てくだ
さい。「受給権者が死亡したとき」の他に、ちゃんと「受給権
者が65歳に達したとき」
って書いてあります。

 つまり、65歳になると特別支給の老齢厚生年金をそこで失
権し、65歳から新たに本来の老齢厚生年金(+老齢基礎年金)
の受給権が発生するということなのです。

 これは意外とテキスト等で強調されていないところなので、
勉強が進んでくると、いつしかなんとなく「同じ老齢厚生年金
だから」という感じで両者がごちゃごちゃになってしまう方が
多いところですので注意してください。

 別個の年金ということが頭にあれば、要件等を覚えるときも
意識して両者を分けて覚えるようになりますよね。  

---------------------------

 というわけで、この問題です。答案練習などでもよく出る問
題です。

 本来の老齢厚生年金では、受給資格期間を満たしている限り、
厚生年金の被保険者期間が1か月でもあれば1か月分の老齢厚
生年金が支給されます。

 これに対して、特別支給の老齢厚生年金では、最低1年は厚
生年金の被保険者期間がないと、老齢厚生年金が一切支給され
ません。

本問の答え>×

« 特定受給資格者 | トップページ | 一般保険料等 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/9330774

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支給の老齢厚生年金:

« 特定受給資格者 | トップページ | 一般保険料等 »