« 標準報酬月額 | トップページ | 支給の繰上げ »

遺族補償給付

 労災13-4
 遺族補償給付を受けることができる遺族は、労働者の配偶者(婚
姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあった者
を含む)、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹(妻以外の者にあっ
ては、一定の要件に該当する者に限る)であって、労働者の死亡の
当時その収入によって生計を維持していたものに限られる。

■■解説■■

 この問題は、まずは答えから。答えは、「×」です。

 完全にひっかけ問題です。問題文の最初をよく見ていただくと
遺族補償「給付」となっています。

 そうです。遺族補償給付には、年金と一時金があります。一時
金の方は、生計維持要件のない者でもOKですよね。

 こういうのにひっかかるとめちゃめちゃ悔しいですよね。「わ
かってたのに~」ってやつです。

 こういうひっかけ問題を出す割には、一方で毎年「ちょっと表
現として不正確?」っていう問題も平気で出してくるんですよね。

 そこで今回は、表現が不正確な問題に対する対策について少し
お話をいたします。

-----------------------------

 表現が不正確な問題の対策として、「比較」という方法をここ
でご紹介します(ちなみにこれは私のオリジナルではありません。
ある資格試験の講師の方が以前言っておられたのを聞いて、なる
ほどと思ったことです)。

 「比較」とは?

 択一問題は、必ず5肢択一で出題されます。例えば、

 Q1 ……誤りのものを選びなさい。  

 A これは間違いなく○
 B 確かにこう言われると×だけど、そこまで深読みして答え
  るべきなのかよくわからない。
 C これはたぶん○
 D これはたぶん×だ。
 E これは間違いなく○

 問題を解いていて、こんな状況になってしまった場合。答えは
BかDということで両者を「比較」します。

 両方のうち「より誤りの選択肢」を答えとする。これが「比較」
です。両方誤り(らしい)ということであれば、より誤り度の高
い方を答えとしておくということです。

 その時に、同時に問題を作った人の気持ちに立って「この人は、
どっちを正解として答えて欲しいのだろう?」
ということも考え
てあげるとより正解に近づけると思います。

----------------------------

 表現が不正確な問題について毎年ブーブー文句ばかり言ってい
る人がいますが、こと受験生の立場からすればそれは決して得策
ではありません。

 社会保険労務士試験のための勉強というものは、一言で言って
しまうと「問題作成者が示す枠に、自分を合わせていく作業」
す。問題作成者が「これをクリアーしたら合格」という形で枠を
提示してくる(試験問題)わけですから、受験生としては「自分
をその枠に合わせる」ことができれば合格なのです。

 いくら知識が豊富であろうが、この枠に自分を合わせられない
人はいつまでたっても合格できません。

 「社会保険労務士試験の試験勉強は、学問(研究)ではありま
せん」。
学者になるための試験ではないのです。

 問題作成者に落ち度があって不適切な表現になっていたとして
も、こちらは自分を殺してそれに合わせていくしかないんですね、
悲しいことですが。文句ブーブーは合格してから言ってやりまし
ょう(笑)。

---------------------------
  
 上に書いた「比較」という手法は、普通に問題を解く時にも
使えますよ。

 大体5つの選択肢のうち2つに絞れることが多いと思います
が、どうにも最後の選択ができないときに両者を「比較」して
みてください。どっちがより誤り(又は正しい)なのか?(無
意識にやっている方も多いと思います)。

 二者択一の5割の確率を、少しは上げることができるはずです。

本問の答え>×

« 標準報酬月額 | トップページ | 支給の繰上げ »

コメント

 ななしさん

 その問題は、試験対策的には「そのような規定は労災法に
ないから×」で片付けてよいと思います。

 じゃあ、返さなくていいかというと、それはななしさんが
言うように変です。

 この場合は、労災法ではなく別の法律で、政府は返還請求
することができます。この場合は、当然「全額」返せという
ことができます。

平成12年の過去問で

 年金給付の受給権者が死亡したためその受給権が消滅したが、誤って死亡の翌月以降の分として年金給付が支払われていた場合において、その金額が所定の額を超えるときは、政府は、その過誤払い分の返還債務を負うべき者に対し、期限を定めて返還金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

とあり、Xとなっていますが常識的に考えると返還しなければならないような気がしますがどうなんでしょうか?そのまま、払いっぱなしで返さなくてもいいということなのでしょうか?それとも、問題中の別の所がひっかかってXになっているのでしょうか?
充当の項目があれば、そこに書き込もうかと思ったのですが無かったので、ここに書かせていただきました。
解答よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/8185174

この記事へのトラックバック一覧です: 遺族補償給付:

« 標準報酬月額 | トップページ | 支給の繰上げ »