« 任意継続被保険者の資格の取得 | トップページ | 傷病補償年金 »

医療制度改革

 今日は過去問解説はお休みにして、今月1日に大綱が決定されました
療制度改革
について書きます。

 来年受験にあたっては、直接の影響はないと思われます。ただ「社会一
般」でこの辺りから「こんな動きがありますが、知ってますか?」という
形で出題される(特に選択式)可能性はなきにしもあらずかなと思ってい
るのですが、どうでしょうか?。

 多くの改正点がありますが、試験対策として見ておいた方がいいかなと
思うのは、

2006年10月予定

 1、現役世代並の所得がある70歳以上高齢者の窓口負担割合を2割から
   3割へ引き上げ

 2、高額療養費の負担上限を引き上げ

 3、出産育児一時金を30万円から35万円へ引き上げ

 4、埋葬料を一律5万円に引き下げ

2008年度予定

 1、中低所得者の70~74歳高齢者の窓口負担割合を1割から2割へ引き
   上げ

 2、75歳以上の人が全て入る新たな高齢者保険制度を創設

 3、政管健保の管掌を都道府県単位で運営する公法人に移行

 といったところでしょうか(まだ法律が国会を通っていませんので、このとお
りなるかどうか確定したわけではありません。ご了承ください)。

 新聞などでこの辺りの記事を見かけたら、ちょっと目を通しておくと、来年の
試験で思わぬ1点が拾えるかもしれませんね。

« 任意継続被保険者の資格の取得 | トップページ | 傷病補償年金 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/7542509

この記事へのトラックバック一覧です: 医療制度改革:

« 任意継続被保険者の資格の取得 | トップページ | 傷病補償年金 »