« コメントのお願い | トップページ | あけましておめでとうございます »

よいお年を

 大雪お見舞申し上げます。今年のブログ更新は今日で
終わりです。来年は1月9日より再開予定です。

 年末年始休みは、勉強するもよし、しないもよし。来年は、
ゴールデンウィークもお盆休みもありませんので、この年末
年始休みが試験前にゆっくりできる最後の休みになります。

 勉強しようという方は、「苦手科目を重点的にやる」とか、
「この科目の過去問をやる」とか、具体的に目標を立てて、
それに取り組んでください。2・3年目の方は、ご自分のテ
キストで日頃は読まないところ(過去問で出てなくて、いつ
も飛ばし読みしてしまっているところ)を改めて一読してみ
ると新しい発見があるかもしれません。
 ただ「がんばるぞ!」とかだと、おそらくくじけてしまって
何もやらずに終わってしまう可能性が高いですので、具体
的に何をするというのを決めて
みましょう。

 ゆっくり過ごす方は、いまのうちに家族孝行しましょう。
みなさんが日頃勉強に集中できる環境にあるのも、ご家族の
協力あってのものです。それを当たり前と思わず、感謝の心
をもって家族孝行しましょう。
 特に小さいお子さんのおられる方は、来年はゴールデンウィ
ークもお盆休みもお子さんの相手は十分にできないと思います
ので、今のうちになんとか手を打っておきましょう(笑)。

 *年末年始の間、おヒマがあれば12月21日の記事のコメ
 ント欄にこのブログの感想を書いてください。みなさんのご
 意見が、このブログを良いものに変える力になります。

« コメントのお願い | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

スペシャルウィークさん、こんにちは。

 「許可」「認可」「承認」「認定」(あと「確認」というのもあります
ね)の使いわけについてうまくまとめてあるものがあるのですが、
某資格学校の受講生だけに配られているレジュメですので、
そのままここに公開することができません。申し訳ありません。

 ご自分で色々と探してみてください。ただ、この点について
あまり神経質にはなりすぎない方がいいと思いますよ。

ありがとうございました。
真島の「年金」がアッいう間に
わかる本を愛読書にして
頑張ります。
行政機関の「許可」「認可」
「承認」「認定」使い分け
簡単に理解するものがあればアドバイス
お願いします

スペシャルウィークさん、こんにちは。

 ご質問の件ですが、苦手分野はいきなり「完全制覇してや
ろう」などと思わずに、「とりあえず択一の過去問に出てい
ることだけを押さえておこう」を目標にしてみてください。
 これくらいならなんとなくできそうな気がしませんか?。
第一段階ではこれで十分です。

 社会保険労務士試験はとにかく範囲が膨大です。一つの分
野に固執して、勉強が先に進まないのは大変危険です。苦手
分野は最低限過去問だけを押さえて、どんどん先に進みまし
ょう。全範囲を一通り押さえられてから、苦手分野克服に取
りかかってみてください。

・加給年金と振替加算
  それほど難しい出題はないと思います。基本的な仕組み
 (テキストによっては図解が載っているものもあるでしょ
 う)をまず押さえて、それから過去問の範囲で知識を押さ
 えられれば十分だと思います。
  今年(17年)も出題されましたが、過去問の焼き直し
 でした。

・任意加入
  まず「本来の任意加入」と「特例による任意加入」をし
 っかり分けて考えてください。
  それからそれぞれの任意加入できる要件(国内居住要件
 とか国籍要件とか)を混同しないように覚えましょう。
  今年(17年)は、16年改正にからみ出題があありま
 した。ただ改正の基本部分からの出題でしたので、単純に
 改正の中身を知ってれば簡単に解ける問題だったと思います。

・合算対象期間
  まず「合算対象期間とは何か」ということは前提として
 大雑把で結構ですので分かっておいてください。
  それから、大きく分けて、昭和61年3月31日以前
 (旧法)の期間と昭和61年4月1日以後(新法)の期間が
 あるということ。新法の期間は、簡単ですのでこれは覚えて
 ください。
  やっかいなのは、旧法の期間です。こんなことを申し上げ
 てはいけませんが、私は自分の受験時代はここは「捨てまし
 た(笑)」。あんなたくさんの年号はとてもじゃないですけ
 ど、覚えきれないからと割り切りました。
  ただ、この合算対象期間は最大に出題されても1問、まあ
 普通は出ても1問の中の選択肢の1肢か2肢(下手したら0)
 です。国年は比較的基本的な問題が多く出題される傾向にあ
 りますので、合算対象期間について多大な労力を費やして出
 題されるかどうか分からない1問を拾うなら、同じ労力を費
 やせば他の2~3問分の知識を頭に入れられるのではないか、
 と当時自分では理由づけしてましたけど。

 あまり大したアドバイスもできませんで、申し訳ありません。
スペシャルウィークさんの年末年始の頑張りが、来年実を結ぶ
ことをお祈りいたします。

年末・年始は国民年金を
重点に厚生年金との関連性
加給年金と振替加算
任意加入・合算対象期間
を理解したいと思います。
良い勉強方法・アドバスを!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/7794800

この記事へのトラックバック一覧です: よいお年を:

« コメントのお願い | トップページ | あけましておめでとうございます »