« 医療制度改革 | トップページ | 届出 »

傷病補償年金

労災16-5
 傷病補償年金又は傷病年金は、当該傷病に係る療養の開始後
3年を経過した日以後においても当該傷病が治っておらず、かつ、
当該傷病による障害の程度が厚生労働省令で定める傷病等級に
該当すると認められる場合には、所轄都道府県労働局長は職権
をもって支給を決定するものとされている。

■■解説■■
 2か所誤りがありますね。気付きましたか?。

1、まず、「3年」ではなく「1年6か月」です。

  「でも『3年』もどこかに出てきたはず…」という方

  「3年」は、労基の解雇制限との関係で出てくる数字です。
  打切補償を行なったものとみなすというあれです。間違え
  ないように注意してください。

2、次に、「都道府県労働局長」ではなく「労働基準監督署長」
  です。

  保険給付については、二次健康診断等給付を除いて監督署長
  の仕事になります。

■■追加■■
 傷病(補償)年金については、これ以外にもポイントになる点
がいくつかあります。

 ・支給要件3つ(療養開始後1年6か月+治ゆ前+傷病等級1
  ~3級)

 ・支給決定が職権で行なわれる

 ・休業(補償)給付と併給されることはない
  ←両方とも所得補償のお金だから

 ・療養(補償)給付とは併給される
  ←治療費と所得補償のお金ということで趣旨が違うから

 ・時効の問題は基本的に生じない

答え>×

« 医療制度改革 | トップページ | 届出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/7583115

この記事へのトラックバック一覧です: 傷病補償年金:

« 医療制度改革 | トップページ | 届出 »