« 労働条件の原則 | トップページ | 通勤災害 »

任意適用事業所

健保11-4
 事業所が任意適用事業所の認可を受けるときは、
被保険者となるべき者の3分の2以上の同意を得
る必要がある。

 社会保険労務士試験は暗記の性質が強い試験で
す。「覚えてもすぐ忘れてしまう」というのが、
みなさん共通の悩みでしょう。
 その対策としてオススメしているのが、いまメ
インで学習している科目と同時に複数科目を平行
して学習していく方法です。例えば、1時間学習
時間がとれる時に、45分はメインの科目、残り
は別の科目をサラサラと見直すのに充てる、とい
うようにしておくと、比較的記憶が長持ちするは
ずです。
 是非、お試しください。

 さて、任意適用の要件ですが、各科目共通の主
なポイントは以下の3つです。

 1、労災とそれ以外の保険(雇用、健保、厚年)
   で任意加入・適用取消の要件が違うこと。

 2、労災以外の法律では、入るとき2分の1、
   やめるとき4分の3、という数字。

 3、2分の1とか4分の3を数える時に対象と
   なるのは、被保険者となるべき労働者(入
   るとき)又は被保険者である労働者(やめ
   るとき)だけであるということ。

>答え ×

« 労働条件の原則 | トップページ | 通勤災害 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/7146100

この記事へのトラックバック一覧です: 任意適用事業所:

« 労働条件の原則 | トップページ | 通勤災害 »