« 最初の勉強方法-1 | トップページ | 強制適用事業の保険関係の成立 »

最初の勉強方法-2

 月曜日の続きです。

 選択式については、過去問をやっても数がしれて
ますので、市販の選択式問題集を繰り返しやると良
いでしょう。
 実は勉強が進んでくると、択一式よりも選択式の
方が恐いと思えてくるはずです。択一式は各科目
10問出ますから自分の不得意分野が出題されても
その1問を捨てれば良いだけなのですが、選択式は
各科目1問しか出されませんので、たまたま出題さ
れた分野が不得意だと0点ということにもなりかね
ません。
 ですから、なるべく多くの問題をこなしておくこ
とをおすすめします。

 とりあえず、来年の4月頃までは以上のやり方で
各科目の基礎固めに励むことが大切です。

〔市販のものでオススメの書籍〕

・基本テキスト
 「出る順社労士 必修基本書」(LEC)
 「真島のわかる社労士」(住宅新報社)

・過去問題集-一問一答形式
 「iDE条文順過去問題集」(iDE社労士塾)

 勉強が進んできたら

・過去問題集-分野別形式
 「真島のわかる社労士過去問」(住宅新報社)

・選択式予想問題集
 「出る順社労士 選択式マスター」(LEC)
 「真島のわかる社労士選択式徹底整理」(住宅新報社)

« 最初の勉強方法-1 | トップページ | 強制適用事業の保険関係の成立 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138174/7400399

この記事へのトラックバック一覧です: 最初の勉強方法-2:

« 最初の勉強方法-1 | トップページ | 強制適用事業の保険関係の成立 »